トップページ

従来の人材開発とパフォーマンス・コンサルティングの違い

パフォーマンス・コンサルティングは
ソリューションそのものではありません。

人にかかわる問題の適切なソリューションを見つけ出し、実行し、
効果測定をするまでの一連のプロセスです。端的に言えば、人事・
人材開発スタッフが事業ラインに対する業績貢献を高めていくための仕事の進め方です。

よくある人材開発とパフォーマンス・コンサルティングの主な違いを
対比させて比較表にすると以下のようになります。・・・

つづき (簡略版) はこちら

パフォーマンス・コンサルティングに関心がある方に

  1.  まずは、早わかりパフォーマンス・コンサルティングをご覧ください
  2. 次は、パフォーマンス・コンサルティングとは-基礎知識がお勧めです

     従来の人材開発とパフォーマンス・コンサルティングの違い
     パフォーマンス・コンサルティングとは?
     パフォーマンスとは?
     パフォーマンスが低い原因は何か?
     パフォーマンスを改善するためには?-促進要因と阻害要因
     パフォーマンス・コンサルティングのプロセス
     パフォーマンス・コンサルティングの成果物
     パフォーマンス・コンサルタントとは
     パフォーマンス・コンサルティングの特徴
  3. 海外の事例が知りたい方はこちらへ

     ASTD 2009報告-(1) パフォーマンス・コンサルティング事例
     ASTD 2009報告-(2) T.ギルバートの行動エンジニアリングモデルの進化・発展
     ASTD 2009報告-(3) パフォーマンス・コンサルティングとタレントマネジメント
     ASTD 2010報告-(1) パフォーマンス・コンサルティングの浸透
     ASTD 2011報告-(1) 現代自動車のパフォーマンス・コンサルティング
     ASTD 2011報告-(2) アルコアの戦略人事 (SBP) 事例
     ASTD 2014報告-パフォーマンス・コンサルティング+インストラクショナルデザイン
     A T D 2015報告-パフォーマンス・コンサルティング 3.0
     A T D 2016報告-研修効果測定のカークパトリックの新4レベル
  4. もの足りない方はこちらをどうぞ

     パフォーマンス・コンサルティングの背景
     パフォーマンス・コンサルティングの現在
     ロビンソン夫妻 (Dana Gaines Robinson & James C. Robinson) の主要著作
     HPT、HPIとパフォーマンス・コンサルティング
     研修成果を高めるために-(2) 最初に研修成果を定義しよう
     研修効果測定のルーチンンにしよう-サクセスケースメソッド
  5. 人材開発責任者の方へ

     事業成果に貢献する人材開発部門になる
     人材開発の基本としてのパフォーマンス・コンサルティング
     ASTD 2013報告①−これからの人材開発担当者に求められるコンピテンシー
     ASTD 2013報告②−これからの人材開発責任者に求められる役割
     The Chief Leaning Officer(2007)-印象に残る17人のCLOの言葉
     A T D 2016報告-研修効果測定のカークパトリックの新4レベル
     人材開発部門の基礎教育-パフォーマンス・コンサルティング・ワークショップ
  6. 若手・人事人材開発担当の方へ

     人材開発のフレームを持とう
     ASTD 2013報告①−これからの人材開発担当者に求められるコンピテンシー
     若手・人事人材開発担当の方へ—①アジアの人事・人材開発を覗いてみよう
     若手・人事人材開発担当の方へ-②ATDに行く準備をしよう

「パフォーマンス・コンサルティングⅡ」 

翻訳:鹿野 尚登

2010年8月に、Performance Consulting second edition (2008) の翻訳、邦題『パフォーマンス・コンサルティングⅡ』(2010年) が出版されました。

拙訳『パフォーマンス・コンサルティング』(2007年) の第二版です。最新のコンセプト、モデル、ツールが満載です。よくある第二版ではなく、全面刷新された本です。

人事・人材開発の管理職・スタッフのみなさまには、
ぜひご一読いただければと思います。

 概要が知りたい方はこちら
 初版との主な違いはこちら
 原著者のその他の著作はこちら

こんなサービスを提供します

弊社は、貴部門が 「組織業績の向上に貢献する戦略的な人事・人材開発部門になる」 ことをお手伝いします。

多くの人事・人材開発スタッフは 「人事・人材開発施策を通して、事業ラインの業績向上に貢献したい」 と考えていらっしゃると思います。しかし、実際に事業責任者やラインマネジャーから事業戦略や課題をヒアリングし、支援策を提案していくためには、事業目標と人・組織の課題を連動させて整理するフレームや知識・スキルが必要です。また、従来の人のパフォーマンス (行動と成果) に対する考え方、これまでの人材開発担当としての仕事の進め方を変える必要があるかもしれません。

パフォーマンス・コンサルティングは社内の人事・人材開発スタッフが経営の戦略パートナーになるための基本、もっと言えば、事業成果に貢献する人事・人材開発施策を立案するためのコツを体系的に整理したものです。

当社の支援実績はこちら

弊社サービスのご案内

パフォーマンス・コンサルティング・ワークショップ

workshop.jpg

パフォーマンス・
コンサルティング実践支援

オリジナル研修開発

人材開発部門の同僚と議論してください

人材開発担当のみなさんに、パフォーマンス・コンサルティングのフレームを使ってお考えいただきたい演習です。

よくある状況で、みなさんならどうしますか?

Q:こんな場合どうしますか?

できればですが、デイナ・G・ロビンソン&ジェームス・C・ロビンソン、拙訳『パフォーマンス・コンサルティングⅡ』2010年、ヒューマンバリューを読んで、もう一度考えてみてください。

パフォーマンス・コンサルティングワークショップ公開コース

『パフォーマンス・コンサルティング』(2007年) の読者からの要望がきっかけで、2007年から半日のワークショップを始めました。

『パフォーマンス・コンサルティングⅡ』(2010年) の出版を機に、新しいモデルやプロセスを踏まえて全面的に内容を見直し、2010年に1日コースを開発しました。

事業成果に貢献する戦略的な人事・人材開発を実践するための基本的なコースです。

         パフォーマンス・コンサルティングワークショップ公開コース

                                          ~人材開発のフレームワークを持とう~

1日でパフォーマンス・コンサルティングのエッセンスを学び、実務で主要モデルを活用できるようになることが学習目標です。

日程

 2016年12月8日(木)9:30~18:00  (受付中)

場所都市センターホテル
対象企業内の人事・人材開発の管理職・担当、企画スタッフ、
ラインの育成担当
※ご同業の方、研修会社、コンサルタントの方はお断りしております。

詳細・お申込みはこちら (フォーム)

無料のPC (パフォーマンス・コンサルティング) 勉強会も実施しています。

無料・PC (パフォーマンス・コンサルティング) 勉強会はこちら

※ご同業の方のご参加はご遠慮下さい。

勉強会・セミナーなどのお知らせ

PC (パフォーマンス・コンサルティング) 勉強会


パフォーマンス・コンサルティング勉強会

  • 趣旨パフォーマンス・コンサルティングの概要を理解する
  • 日時:平日 19:00~20:40(計画中)
  • 対象:企業の人事・人材開発の管理職・担当、事業ラインの育成スタッフ

②研修効果測定サクセスケースメソッド勉強会

  • 趣旨:サクセスケースメソッドの概要を理解する
  • 日時:平日 19:00~20:40(計画中)
  • 対象:企業の人事・人材開発の管理職・担当、事業ラインの育成スタッフ
       レベル3、行動レベルの効果測定に関心がある方
            (研修会社、コンサルタントの方はお断りしています)
  • 会場:ちよだプラットフォームスクウェア (東西線・竹橋 徒歩4分)
  • 費用:無料
  • 定員:6名 (開催最少人数3名)
これまでは以下のような場で、ワークショップを実施してきました。
  • 2008年11月:東京大学 中原 淳 准教授 主催のLearning Barで行いました
    (2008年11月をご覧いただくと、当日の写真を含め、様子がわかると思います) 。
  • 2009年8月:慶應MCC ラーニングイノベーション論
    講師 東京大学 中原 淳 准教授
    ファイナルトラック 第9回をゲスト講師としてお手伝いしました。
  • 2009年10月:JMA関西 能力開発・人事革新大会 (大阪) で『パフォーマンス・コンサルティング (第2版) 』の最新モデルで実施しました。中原先生もご一緒でした。

更新のお知らせ

【注】

予告ナシにサイト内の記事の修正・削除をすることがありま